こんにちは。もりしーです。

1月にこのブログでこんな記事を書かせて頂きました。


【結果にコミット?】今度こそ彼女を作ろう【3ヶ月チャレンジ!】


そして先日twitterでもご報告させて頂きましたが、マッチングアプリDineで彼女ができました!応援してくださった方々、改めてありがとうございましたっ!!m(_ _)m


これまでもマッチングアプリは何度もやっておりましたが、ちゃんとお付き合いに到るまでの間柄になれる人は、一年以上おりませんでした。でも自分なりに行動することで、なんとか結果を出せました。

今回Dineでの恋活を通して、自分の中で気が付いたことをまとめたいと思います。


  • リミットを決める大切さ
  • 理想より居心地のよさ
  • 「会いやすい人」より「会いたいと思う人」


リミットを決める大切さ

今回、恋活3ヶ月チャレンジと題してリミットを決めた上でDineに登録しました。

その理由については以前のブログにも書いていますが、時間を有効に使いたい、一人の人と向き合ってみたい、というようなものでした。


そして実際に期限を決めてしまうと、終わりが見えているので気が楽だった気がします。

どういうことかと言いますと、

  • 毎週知らない人と食事に言って話を合わせるのは、新しい出会いにワクワクする反面、どうしても気疲れしてしまうものです。休日これがずっと続くのは負担が大きいです。
  • Dineに限らず、デートでは男性がご飯を奢ることが多い→当たり前ですが永遠に続けていたら破産してしまいます。(笑)


「ここまでにパートナーができなければ一旦休んでも良いし、別のことに時間を使えるようになる」と気楽に取り組むことが、結果的にプラスになることもあると感じました。


理想より居心地のよさ

マッチングアプリで相手を探す時、大抵の人は「ルックス(格好良さ、可愛さ)」や「年収」で相手をフィルタリングしています。それには100%同意です。全ての人と会うことができない以上、何かしらの条件がないと選ぶことができません。

例えば最後に同じくらい気になる人が異性二人が候補に残った時、ステータスが良い人よりも居心地が良い人の方が、長く一緒にいられそうだと感じました。

また「ステータスが高い人=相手に求める理想」であるのに対して、「居心地が良い人=自分がいずれ過ごす未来の在り方に対する理想」であると思いました。

自分が幸せになれなければ、どんな美人と付き合っても無駄なので、僕は居心地がいいと思える相手と付き合うことにしました。


「会いやすい人」より「会いたいと思う人」

最初僕が相手を探すにあたって気にしていたのは、「土日休み」とか「都内在住」という条件でした。単純に会いやすい人の方が交際につながりやすいと考えたからです。

しかし、僕が最終的にお付き合いした方は住んでる場所も東京ではなく、またお休みが不定期の方でした。


彼女は1回目のデートが終わると、「次はここにいきたいな!」とメッセージを送ってくれました。そこから一ヶ月近く次のデートまでブランクが空いてしまうのですが、継続してLINEのやり取りが続いたこともあり、あまり距離や休みのタイミングは問題ではないと思えるようになりました。


あとは彼女がハマってる深夜アニメを教えてくれて、僕も一緒にハマるということもあり、話題が尽きませんでした。


普通に考えると土日休みの方の方が圧倒的に会いやすいですが、「また会いたい」という意思表示をしてくれたことが、何より嬉しく、僕自身もまた会いたいと思えたので、そこから意識するようになったと思います。


また現代ではLINEでいつでもコミュニケーションをとることが容易になったし、相手がTVで見たアニメをamazonプライムのようなオンデマンドで見ることでコンテンツを共有しやすくなったことで、想像していたほど距離とか時間は、恋愛の制約にならないように思えました。


これをもって、twitterでの恋活垢としてのご報告は終了となります。(^^)

彼女との交際を通して期待することは、自分一人では見られなかった世界や価値観に触れること、そして楽しい出来事や体験を増やすことで、QOLを上げて生きたいと考えています(笑)

長く付き合いたいと思える人間になれるよう、趣味もプライベートもより充実させたいと思います!